友達から始めた方が出会える確率が高くなる

友達から始めた方が出会える確率が高くなる

出会い系の失敗例として出会いたい気持ちが先だって焦ってしまって失敗するケースが多いです。
せっかくメッセージを交換するだけの関係になったのにもったいないです。
いきなり出会おうと言うのは女性に対してNG行為です。
よくも分からない相手の容姿も分からないネットで知りあって間もない男性とすぐに会うのは普通に考えれば無理な事は分かります。

 

また恋人になろうとかセフレになろうとかもNGです。
最初にどう言った関係になりたいのかを明白にしておくのは良いかもしれませんが、いきなりよく分からない人と約束はできません。
メッセージを交換するくらいの中になったら最初はメル友くらいの感じで接するのが一番良いでしょう。

 

注意したいのがプロフィールの記載です。
ご自身のプロフにメル友募集しか書いてないとリアルでは会わない予定の人なのかな?と思われてしまうので、「最初はメル友から始めてお互い気が合えば会いたいです。」的なメッセージを記入しておけばメル友だけを希望している遠距離な人からメッセージが来ることはないでしょう。
あくまでも会う事を前提としているので会える範囲の地域に住んでいる人からしかメッセージは来なくなります。

 

特に女性と知り合いたい方は「友達」と言う言葉を記載しておけば安心感を与えます。
いきなり「セフレ希望!」とだけ記載していると女性もその気があってもちょっと抵抗がありますよね。
友達から始めて徐々に関係性を深めて行く事が重要です。

 

お互いにメールを交換し合っていると自然と会いたくなってしまいますし、気の合う異性とメールを交換しているだけで楽しいと言う方も多くいらっしゃいます。
まずは気軽な何でも話し合える友達作りから始めてみるのがネットでのやり方です。
相手の顔や表情が見れない分、メールやメッセージも分かりやすく顔文字、絵文字、画像など沢山使って楽しくやり取りしましょうね。